しめじとベーコンのクリームスパ【簡単パスタ】

ソーシャル

Warning: fread(): Length parameter must be greater than 0 in /home/monetwren/monetwren.com/public_html/cordonrouge/wp-content/plugins/bottom-of-every-post/bottom_of_every_post.php on line 32

こんにちは、KMRRです。

個人的にクリーム系のパスタは苦手なのでこれまで作ることは
ありませんでした。
が、先日とあるレストランで食べたクリームパスタが意外にも
美味しく感じたため、今回初めてチャレンジしてみることに
しました。

材料(2人分)

食材
  • パスタ麺 150g
  • ベーコン(ブロック) 40g
  • しめじ 1/2パック
  • にんにく 1かけ
  • ソース・調味料
  • 生クリーム(乳脂肪分35%) 200ml(1パック)
  • 牛乳 150ml
  • オリーブオイル 適量
  • 野菜だし 少々
  • 塩 適量
  • コショウ 適量
  • スポンサーリンク

    作り方/ポイント

    材料の下準備

    にんにくは潰すだけです。ベーコンはゴロゴロ感を出すようにカットします。
    ブロックベーコンがお勧め。

    しめじは食べやすいサイズにちぎって準備します。

    にんにくオイル作り

    DSC_1561
    オリーブオイルを適量フライパンに入れ、にんにくを投入します。
    弱火でじっくりにんにくを炒めて、香りをオイルに移していきます。

    DSC_1562
    今回のパスタでは、オリーブオイルは少な目なので、このように
    フライパンを傾けるとやり易いかもです。

    IHだと加熱エラーになるのでコレがやり難いですね。

    DSC_1566
    にんにくがきつね色になるまで根気よく。きつね色になったらにんにくを取り出します。

    麺を茹でる

    パスタ麺を茹でるとき、お湯はたっぷり、塩もたっぷりでお願いします。
    塩分濃度の目安は2%、家庭では相当塩を入れるな~という印象だと思いますが、
    麺にしっかり塩味を入れておくことで美味しいパスタの仕上がりとなります。

    茹で時間は袋の表示に対して-30秒くらいで良いです。
    ソースと絡める時間は短時間なので、ほぼ表示通りかなと。

    ベーコン・しめじを炒める

    ソース作りに戻ります。
    中火~強火でベーコンを炒めます。
    ベーコンの油をフライパンに出して、ベーコンの旨みを引き出します。
    DSC_1572
    しっかりベーコンを炒めたらしめじを投入します。
    写真では、ベーコンが少し炒め足りない感じです。(早まりました。。。)

    しめじを入れてからも強火でOKです。
    あまり混ぜ過ぎず、しめじに焼き色が付くようにすると良いですね。

    生クリームと牛乳を入れる

    生クリーム1パック+牛乳150ml or 牛乳100ml+パスタゆで汁でも良いですが、
    ソースを作ります。

    DSC_1576
    生クリームが多いほど濃厚な味わいとなり、牛乳や茹で汁の割合が増えるほど
    さっぱりクリームの味わいとなります。

    バランスとコクを見ながら野菜だしを適量入れます。コンソメでもOKです。

    旨み成分はベーコンとこの野菜だしがメインで味の方向性が決まります。

    しゃばしゃばで薄い場合や濃厚ソースが好きな方はソースを煮詰めます。

    パスタとソースを絡める

    茹であがったパスタとソースを絡めます。
    ソースは「多いな」と思うくらいがちょうど良いと思います。

    味のバランス、特に塩味を見ながら最終調整して完成です。

    DSC_1579
    盛り付けたら最後に粗びきコショウを振ります。
    パセリを散らしてもおいしいと思います。

    Cockpadレシピ

    クックパッドでアカウントを作っちゃいました(笑)
    このレシピのURLはこちらです!
    Cpicon ベーコンとしめじのクリームスパ by KMRRBAR

    スポンサーリンク

    にほんブログ村 車ブログ カーライフへ にほんブログ村 写真ブログ 今日撮った写真へ にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 料理ブログ 今日作った料理へ

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • Evernoteに保存Evernoteに保存

    フォローする