【一条ルール】右開き固定折れ戸に注意!住んでみてみて分かったこと第2回【間取り】

スポンサーリンク
家造り失敗談

こんばんは、KMRRです。

i-smartを建ててみて、住んでみてわかったことをご紹介するシリーズ第2回です。

今回は間取り計画における要注意情報です。現在間取りの検討中の方は是非今一度図面のご確認を!(*´∀`*)

一条工務店住み心地
一条工務店*家づくりを始める方へ捧ぐ!

 ロスガードの間取り

20140209_144337
本日の主役はこちら、ロスガードです。

KMRR邸のロスガードは、隅に追いやられること数回、最終的に書斎の一部に配することが決まりました。

shosai01
最終間取り

shosai01
クローゼットと押入れの利便性を優先した結果、ロスガードはこの位置になったのですが、扉は3尺、約910mm幅の折れ戸になります。

20140209_143900
人が通れるスペースとしては、約600mmくらいあれば十分かと思いますので、クローゼットを使用する分には問題ない「1マス」幅(910mm)と考えてこの間取りに決めました。

しかし・・・

ロスガードの一条ルールと注意点

20140209_143934 20140209_144005
一条ブロガーさんの間ではご存知の方も多いと思いますが、ロスガと階段下収納の折れ戸は「右開き」と決まっています。

一条ルールによって左開きに変更することが出来ないのです。(担当営業さんに直接確認しました。誤認があればご指摘お願いします。)

20140209_144242
我が家は旧型のロスガードなので、フィルター類は下部にあります。

20140209_144311
フィルター交換の際には、しゃがんでロスガードを覗き込むような格好になると思いますが、この間取りでは非常に狭くて利便性が良くないのです。(私は174cm、66kgくらい、中肉中背なので特別太っているから狭い、という話では無いですよ^^;)

作業開始前は
・扉が閉まっている状態でロスガードの前に行く → 扉は邪魔にならない

ので良いのですが、フィルターのゴミを取る時など
作業中は
・写真右方向へ移動したいときに折れ戸が邪魔で通りにくい
・再度ロスガードにフィルターを付けに行くときも勿論通りにくい

という事態になります。
大きな失敗ポイントではないものの、この位置関係で右開きの折れ戸の場合、910mm × 910mm 1マス弱(折れ戸による圧迫感があるため)の空間で作業することになりまして、結構閉鎖的な感じがします。

20140209_144155 20140209_143900 - コピー
我が家の場合、ロスガードの対面は押入れとなっており、「引違い戸」であることが幸いしました。(上写真左を参照ください)

20140209_144036
押入れの戸を開けておくと多少後方のスペースが出来て動きやすくなります。

 階段下収納も右開き固定の折れ戸です。

因みに我が家は階段下収納もこの910mm幅の折れ戸です。階段下収納も右開き固定の折れ戸、と営業さんから伺いましたが、どうなんでしょうか。
構造的に右開き限定としなくてはならない理由が見当たりません。
左開きのほうが都合が良い方は営業さん、設計さんに納得できる理由・説明を求めてみて頂くと良いと思います。

一条工務店住み心地
一条工務店*家づくりを始める方へ捧ぐ!

20140213_005827
階段下収納の様子

20140213_005906

中身は煩雑過ぎるので自粛しました(苦笑)

我が家では、階段下収納が右開きでも特に使い難いことはありません。
ただし、この後階段下収納に棚をつけようと計画しているのですが、
折れ戸 = 扉が畳まれる分は開口部分に残る
ということになりますので、間口を全開状態で使いたい方は折れ戸だと不便かもです。
気になる方は通常のドアや引き戸仕様が出来ないか、確認頂くと良いかと思います。

 利便性改善の対策を考える

さて、もう引き渡し後ですし、一条ルールを華麗に無視して左開きになるように扉を入れ替えることは出来ないモノでしょうか。

調べてましょう。

ロスガードに戻りますが、折れ戸を開くとすぐに見えてくるロスガード

20140213_011817
すぐにロスガード本体の扉部が現れます。
このロスガード本体の扉部分を開くと

20140213_011839
このようになりまして、折れ戸が畳まれた状態でも完全に干渉する位置関係でした。

これではそもそもロスガードの右開き折れ戸を左開きへ変更すること自体難しそうですね。

現時点では打開策が見つからないのでこのままいくしかなさそうです。

人によると思いますが、もしかするとロスガードの前は1マス以上開けたスペースがあるとメンテ時に不便が生じることはまず無いと思います。

とはいえ、ロスガードのメンテは毎日のことではありません。フィルター掃除の頻度は高くありませんので、多少の不便があっても我慢出来る範囲かとは思います。

重要なことは、多少狭くて不便かも知れない、ということを予め理解・納得した上で家を建てるかどうか、ということかと思います。

20140213_005948 20140213_011308
因みに、階段下収納の固定折れ戸の扉固定部はこのようにビスで留まっていました。

これを外して左右上下を入れ替えて、ドアノブ(取っ手)部分も付け替えると左開きの折れ戸に出来ますかね??

出来るのであれば既設の施主様でこの折れ戸に不満を御感じの方も対策を打てるかもしれませんね。

 ロスガードや階段下収納の間取り確認のススメ

現在は新型のロスガと聞いていますので、掃除、フィルター交換時は中腰くらいでイケるかもですが、念のための確認項目をまとめ
ます。

・ロスガード、階段下収納は「右開き」の折れ戸になる ←確認
・ロスガードの前スペースは十分か?
・階段下収納の中のスペースは「右開き」時に便利なようになっているか?
・階段下収納が折れ戸になると開口部が狭くなる = 幅広な荷物を収納する予定はないか?

などを確認しておくと間違いがない設計になると思います。

今はまだ若い部類に入る年齢ですが、30年も40年もすれば年を取り、狭いスペースでフィルター交換や掃除をしたくないと思ってしまいそうです。

ご家庭の状況や間取り次第では、この「右開き」折れ戸がやっかいな存在になる可能性があると感じましたのでご紹介致しました。

今回は簡単ですがこれで終わります。

一条工務店住み心地
一条工務店*家づくりを始める方へ捧ぐ!

スポンサーリンク

家造り失敗談間取りi-smart
スポンサーリンク
Smart house cool life

コメント

  1. はっち より:

    こんばんは、はっちです^^
    ロスガードは右側固定という一条ルールだったんですね。
    我が家の場合、右側の方が都合が良さそうだな~なんて棟梁が考えてくれたのだと思っていました^^;

    確かに、新型ロスガードですと左側にフィルタの交換口があるため、右側で無いと
    取り換えがしにくそうです。

    知っていないと、通路を塞いでしまう可能性があると、照明も届きにくくなりそうですし、
    設計時に説明があると良いなと思います。

    • KMRR より:

      >はっちさん
      コメント有難うございます!

      記事に書き忘れてしまいましたが、我が家はもう1箇所3尺の収納があります。ここも右開きなんですが、間取り上左開きのほうが利便性が良い位置にあります。

      営業さんはベテランの方なので、一条ルールであれば仕方がないと思いますが、ロスガード以外は構造的に右開きに固定する理由が見当たりません。

      再度営業さん、監督さんに確認してみたいと思います。

      照明のことは抜けていました。確かにわが家の場合、本来は左開きの方が都合が良い位置にあるため、照明の光が届きにくくなっています。

      設計段階で細かな説明があればもっと納得した形で建てられたと思います。

  2. 1Q より:

    ロスガードや階段下ではありませんが、我が家の3尺の押し入れは折れ戸です。これについては左右の入れ替えは可能ですよ。
    折れ戸の交換時に、左吊元を右吊元に変えてもらいました。現場監督でも対応できるのではないでしょうか?

    • KMRR より:

      >1Qさん

      コメント有難うございます。
      記事にし忘れてしまったのですが、我が家にももうひとつ
      3尺のクローゼットがありました。
      こちらは左開きの折れ戸です。ただし、こちらは図面指示で
      左開きでしたので、折れ戸交換時に左右入れ替え済みという情報は
      大変貴重なものと思います。
      有難うございます!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。