【失敗談】ダイニングの照明設計~ペンダントライトの移設方法

スポンサーリンク

こんばんは、KMRRです。

仕事が忙しくてブログ更新が遅れまくりの今日この頃です。

良くある「あるある」ネタなのですが、やってしまいました、照明設計のミスです。
凡ミスで恥ずかしい限りなのですが、設計段階の方のご参考まで、ご紹介致します。

 設置する位置を間違えたペンダント

場所はダイニング、ペンダント照明なのですが、設置位置を間違えました(笑)

20131215_123042
まずは現物写真からご紹介です。
気の利いた写真がコレ一枚でした^^; 後日【Web内覧会】でダイニングをご紹介しますので、
その時に写真を撮っておきます。

本題に戻ります。
設計段階において、採用するペンダントを決定し切れなかったのですが、
設置するタイプすら決められていない状態でした。

取り敢えず引っ掛けシーリングだけ設置することで着手承諾したのでした。

Dining Miss-1
間取りはこんな感じです。

Dining Miss-2
続いて照明設計(最終版)と当初のダイニングテーブルの位置です。
青○がダウンライト、赤○が引っ掛けシーリングです。

一見問題ないように見えるのですが、、、
設計段階において、ダイニングテーブル1600mm程度のものを置き、
位置は窓に合わせて上図のような設置をイメージしていました。

これですとテーブル中央部に引っ掛けシーリングがあるので問題なしなのですが、
実際に購入したダイニングテーブルは1920mmあります。
更に、子供用の椅子を置くと狭くなるため設置位置もズレました。

Dining Miss-3
実際の設置状況はこちらです。
グレーが実際に購入したダイニングテーブルの設置位置、緑枠
示したところが設計段階に想定していたダイニングテーブルの
大きさ & 位置です。

なぜこうなるかというと、図面では「マス」が存在するため、
無意識にこの「マス」に合わせて、「窓のセンターに合わせよう」
などという意識が働いてしまいます。

しかし、実際に家を建ててみると、ただの空間として認識する
こととなり、「空間のセンター」に配置したくなるのです。

Dining Miss-4
上図で示すように、赤い矢印で示したスペース全体がダイニング
空間という形になりますので、「このスペースのセンター」に
ダイニングテーブルを配置すると綺麗です。

Dining Miss-6
こちらが現在のダイニングテーブルと照明の位置関係です。
しかし、こうなると上図の通り、当初想定していた位置から
センターが大きく変わってしまいます。

現状では、ペンダントはぽどんど使わずにダウンライトのみで
使用しています。^^;

思いの外、オリジナルダウンライト(初期型)が明るかったので
ペンダント無しでも大勢に影響はないのですが、なんとも残念な
ポイントになってしまいました。

 打開策

Dining Miss-7

赤○の位置から緑○の位置に照明を移動できれば万事解決します。

思い付く打開策として、
1. リフォームする(笑)
・・・冗談です。(将来的にはやるかも)

2. 位置調整タイプの引っ掛けシーリングで場所を調節する
正式には「ペンダントアダプター」「ペンダントサポーター」
という名称のようです。
これが現実的でしょうかね。

調べてみると色々な商品が発売されていました。

SHARP ペンダントアダプター DL-YC004

img_f_adapter_001

img_adapter_002

AEE590136 コイズミ照明 ペンダントサポーター

OA075023 オーデリック ペンダントサポーター

LK04160 パナソニック ペンダントサポーター(1灯用)

3. 引っ掛けシーリングで利用可能なダクトレールタイプを買ってペンダントやスポットを並べる
これも良いのですが、ダイニングテーブルと並行/垂直に
配置したいので、やはり「2」のペンダントサポーター/
アダプターを使って一旦位置をズラしてから改めて
ダクトレールを設置する、という流れになりそうです。

現状でも特別困ることはないので後回しにしていますが、美しく
解決出来る方法が無いか、引き続き検討していきたいと思います。

 まとめ

ダイニングテーブル、ペンダントは間取り & 照明設計に欠かせません。
失敗の少ない設計をするためには、新居に設置する家具、家電を
同時決定のうえ、間取り & 照明設計を進めていくと確実かと思います。

以上、短編ですが今回はこの辺で終わりたいと思います。

スポンサーリンク

フォローする


みんなのWeb内覧会

Web内覧会*一条工務店

ブログランキングに参加しています。 1クリックで応援お願い致しますm(_ _)m

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 住まいブログへ

   

コメント

  1. ごまめ より:

    こんばんは、ごまめです。

    ペンダントサポーター、実際にこんなものがあるんですね♪
    いや、何となくあるんじゃないかなーとは思っていましたが、実物を確認すると安心します(^-^;

    わが家もダイニングが色々と決めきれないみ着手承諾してしまったので。
    将来的には、こういう器具で微調整したくなる気がしています。

    • KMRR より:

      >ごまめさん、

      コメント有難うございます
      注文住宅で、照明設計も自分でやったにも拘わらず
      ペンダントサポーターのお世話になるなんて、、、と
      失敗した~という嫌悪感が拭えませんでしたが、少し
      気持ちが落ち着いてきました(笑)

      照明は流行や好みも色々ですし、こちらも年を重ねるに
      連れて趣向が変わるかもですし、、、

      これで100%満足!なんてのは無いのかも知れませんが、
      でも、コードがダラ~というのは何とも恰好が良くない
      ですよね^^;

      うまく解決できるように勉強中です!

  2. スペシア より:

    スペシアです。

    我が家は今のところシーリングでダイニングを照らしてますが、それでも位置ずれは結構気になりますね。やはり天井が低いから。

    ペンダントだと必ずずれそうだったので、未だ買ってませんが、買うときはKMRRさんのオススメ器具参考にさせて頂きます~

    • KMRR より:

      >スペシアさん

      コメント有難うございます。
      そうなんですよね、やっぱりi-smartは天井が低いので照明は
      気になってしまいます。

      ユニバーサルの集光ダウンライトなんかも良いかな~と
      思っていたのですが、ダウンライトにしていたら
      尚更後の対応がきかないところでした(笑)

  3. はっち より:

    こんばんは、はっちです^^

    家が完成して、家具を置いて、気が付くことってありますよね。
    設計段階の照明の位置がこれほど重要だったなんて!
    と今になって思います。(我が家の場合コンセントでしたが^^;)

    それにしても、位置を変えることもできるのですね^^
    結構そういう需要があるんだな~と思ってしまいました^^

    ちなみに、いまだに、あーだ、こーだ言いながら、テーブルの位置を変えたりしています。

    試しにこうして、あぁして、と気分で模様替えしているような感じになってきています^^;

    • KMRR より:

      >はっちさん

      コメント有難うございます。
      そうなんですよね~。
      実際に家具・家電を配置してみないと分からないことって
      意外とたくさんあるんだな~って思いました。

      ペンダントは、妻が同じことを言っており、ダイニングテーブルを
      決めてから、イメージに合うペンダントを選ぼう!ってことで
      後回しにしたのでした。

      難しいところですね。

      位置を変更するにしてもペンダントアダプタを使う場合、
      直線のアイテムなので、壁に対して垂直・並行にしないと
      見た目が良くなさそうな気がします。
      我が家は斜めにずらさなくてはなりませんので、そこも
      悩みの一つなのです。

      もう少し勉強して対策を考えてみます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。