【DIY砂場作り】手作り砂場の作り方【検討編】

スポンサーリンク

新年明けましておめでとうございます。
KMRRです。

2014年の後半はブログ更新頻度が減ってしまいました。。。
今年はDIY一色となりそうですが、頑張って更新していきますので
本年もどうぞ宜しくお願い致します。

 砂場作り

私の実家には約1.5畳分くらいの砂場があり、子供のころは良く
自宅の砂場で遊んでいました。
自身の子供達にも同じような遊び場を用意出来ればなぁ~と
思っていたのですが、ismartで新築した我が家の庭は非常に
狭い。。。

小さくても良いので何とか砂場を作りたいな~と思い、
早速砂場設置の検討に入りました。

 どこに設置しましょうか

20140601_124111
この狭い庭スペースのどこかに砂場を作ってあげたいんです。

20140601_124117

色々と考えた結果、ここしかないだろうってことでココになりました。
既に掘ってあります^^;

Webで調べてみると、砂場を作る際は大よそ20cm程度掘った方が
良い、ということでしたので、20cmくらい掘りました。

20140517_152232

20140621_123057
ご覧の通り、芝張りより前に掘りましたので2014年5月くらいのことです。

砂場の大きさは、スペースの都合上大凡800mm × 1,200mm程度とします。

 砂場の作り方検討

砂場を作るうえで考えなくてはならないのは草と猫に対する
対策でしょうか。

猫はどうしましょうか。猫は砂場が大好き!らしいですね。
猫に悪さをさせないためには、砂場に蓋をしてしまうのが一番効果が
高いらしいです。ネットでは浴槽に使う蛇腹型の蓋を使っている例を
良く見かけました。あとは、木材で手作りしても良いのですが、、、
後で考えます。。。

草は防草シートで対策していきます。
近くのホームセンターで防草シートを物色していると、最小単位10m程度で
売っていました。我が家の砂場サイズを考えると1/5も使用しない
事になりますが、仕方がなく購入。

20140621_140909
買ってきた防草シートです。

20140621_141420

20140621_140923
10mもあるので扱いが大変です^^;

初めに考えた作り方は
ブロック + レンガ の組み合わせです。

20140621_141412
防草シートを敷いて

20140621_142424
試しにブロックを組んでみます。

スポンサーリンク

ブロックは近所のおじさんからの貰い物です。

が、、、レンガって結構危なくないですか??
レンガは雨で滑って転んだり、庭で走って転んだりした時に
ぶつかって怪我をすることもあるかな~と思い直して却下。
実際、私は小学生のころい花壇近くで遊んでいて、滑って転んで
大きな切り傷を作ったことがありました^^;

ってことで、レンガ案は却下しましたが、大きさの感覚を
掴むことが出来て良かったです。

続いて、大きな薄型の箱を埋め込む方法を考えました。
800mm × 1,200mm前後の大きさで、薄型で箱状になって
いる容器というのはなかなかないものですね。

色々調べ上げてやっと見つけた候補はこれです。


緑長 プラスチック製トロ舟 (200ガタ) 価格:14,341円(税込、送料込)

モルタルを混合したり塗壁材をこねたり、また農作業や園芸で土や
肥料を混合する時に使用するための容器です。

この容器の底にドリルで穴を開けて排水させれば使えますかね!?
これをベースに枠を付ければ砂場っぽくなりますし、撤去も楽!?

で、本当に悩んだのですが、最終的にはこのトロ舟の値段がネックとなり、
購入を断念しました。容器に10,000円以上は出せない~~(><)

最終的には、木枠を作る方法を考えました。

木材を屋外で使用する場合、腐食が気になるところです。
が、長くても3~4年位しか使わない砂場なので、腐食しても
良いかな~と思い木枠で砂場を作ることにしました。

次回は砂場の木枠製作編です。

関連記事情報

スポンサーリンク

フォローする


みんなのWeb内覧会

Web内覧会*一条工務店

ブログランキングに参加しています。 1クリックで応援お願い致しますm(_ _)m

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 住まいブログへ

   

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。