家造りを振り返る~HM検討編、積水ハウスとの出会いと別れ

スポンサーリンク

こんにちは、KMRRです。(・∀・)ノ

我が家のismartは引き渡しが2013年の9月、基礎着工が同5月、
上棟が同7月です。
着手承諾が同3月末なので、打ち合わせ期間は
2012年夏ごろ~2013年3月、もう2年も前になります。

そろそろ当時の記憶も忘れてしまいそうなので、忘れないうちに
記事にしておきたいな~ということで書きました。
自己満足投稿をお許しください(笑)

新築なんて夢のまた夢?

家を建てたいな、と思ってもきっかけがないとなかなか行動に
移せなかったりしますよね。

我が家の場合はどうだったのかなぁ。
いまいち思い出せませんが、確か友人宅に遊びに行ったことだった気がします。

子供の頃から知る友人と久し振りに再開し、家族でお邪魔した時でした。

「マイホーム」って良いなぁ(*^^*)

このときに本気で家を建てることについて考え出したのでした。

当初は新築なんてまだまだ先のことと思っていました。

その理由としては、充分な頭金が用意できていない、ということでした。

一方でこのまま賃貸の家に住み続けても不動産という意味では掛け捨て、、、
資産は残りません。

住宅ローンの返済、子供の教育、夫婦の老後資金、など、現実的にお金を
回していけるのか、不安がありました。

しかし、その時に払っていた家賃同等額を毎月のローン返済額とすることで
新築出来るんだ、ということが分かったとき、賃貸は勿体ないな、と感じた
のでした。

更には消費税増税(5%→8%)の話が現実のものとなってきた頃でも
ありましたので、具体的に新築の検討を進めていったのでした。

展示場巡り

展示場回りは好きでした。

あの非現実的な空間が良かったり、最新のスマートハウス、断熱技術
などにも興味があります。

ハウスメーカーでは積水ハウスパナホーム住友林業あたりが好みです。

結果的にノーマークだった一条で建てた訳ですが、いまでも上記
3メーカーは気になる存在です。

積水ハウス

本記事のメインです。

積水ハウスとの出会い

積水ハウスは最大手の安心と周囲の評判が良かったことから、正直
最有力候補でした。他のHMもほとんど見ずに積水ハウス一択!という
感じです^^
高いのは分かっていたので予算的にはギリギリでした。
予算内で希望する間取りや機能的で住みやすい家となるか、が焦点
だったと記憶しています。

近所の展示場で積水ハウスの営業さんに説明を受け、早速具体的な
打ち合わせを開始しました。この時は仮契約前の段階。
図面を描いてもらうために何度か積水ハウスに行って打ち合わせしました。

はじめは設計経験をお持ちの営業さんにご対応頂き、色々と詳しく
ご説明頂きました。
感じも良い方で気付きも良い、サービスマンとして高いレベルにある方だな、
とかなり好印象でした。(この方を営業Aさんとします)

積水ハウスの場合、オール電化にするか、ガスと併用(※)するか、
太陽光パネルを載せるかどうか、などで価格が変わるとのことで理解しました。
※この時積水ハウスはエネファームのキャンペーンをやっていました。

太陽光パネルを除いた金額として、 3,000万円、建坪35坪位になれば
良いけど、、、予算重視でと図面提案のお願いをしました。

木造は確定でしたので、シャーウッドだったことは記憶していますが、
str_index_img_001
ブランドは忘れました。。。当時の資料は捨ててしまったので(笑)

積水ハウスと図面打ち合わせ

初めに描いて頂いた図面は約38坪でなんと3,600万円のご提案。
いきなり2割乗せの提案に驚きましたが、幾らなんでも
600万の予算アップは無理と伝え再提案頂くことになりました。

この辺りから主担当が若い営業Bさんに変わります。
先程説明した営業Aさんはちょこちょこ顔を出す程度になっていきました。

営業Bさんは知識が不確実で勘所もイマイチ。若干の不安はありましたが、
ま、成長過程の若者なので暖かく見守りつつお付きあいしていました。

積水ハウスへ不安が募る

続いて出てきた図面は少し間取り変更+約34坪位、必須項目である
子供部屋が一部屋消滅(2部屋希望)
更に希望していないガスと電気の併用プランであるエネファーム採用で
お値段3,100万也

だ~か~ら~f(^^;

うちは(妻が)オール電化希望なんですって!

しかも子供部屋削っても
尚予算オーバーって。。。(; ̄ー ̄A

難色を示していると「そろそろ仮契約を~」なんて言ってきました。

希望する家を建てられるイメージが湧いていないんですが(; ̄Д ̄)?

契約しないと真剣に図面書かないと言われている気がしてイライラしましたが、
は一応大人の対応をしておきます。

再度営業Aさんを呼んでもらい、細かく希望を伝えました。
予算も3,000万円では厳しそうなので、MAX3,200万円としました。

これで仮契約するかどうか決めるから、間取りの提案をして欲しい、と
リクエストして最後の提案を待ちました。

積水ハウスとの別れ

次の打ち合わせの際、仮契約前の最終提案として出てきたのは
約36坪で3,300万円でした。。(〃_ _)σ∥

だ~か~ら~!

予算オーバーだっての!
ここからオプション付けたり太陽光パネルを載せたり、総額幾ら
掛かると思ってんすか!?

金持ちのお客さん以外、貧乏人に用はないと言われた気がして
積水ハウスで建てることはやめました。

ハウスメーカー選定は振り出しに

なんだかな~(´・ω・`)
積水ハウスで建てるものだと漠然と思っていたので、どうすれば良いか
分からなくなってきました。

勿論担当営業さんや営業所のクオリティーによるところだと思います。
積水ハウスを批判するつもりは毛頭ありません。

ただ、私達夫婦と私達が接した積水ハウスの方々との相性が良くなかったのでしょう。

積水ハウスで建てる気マンマンの顧客をどうすれば逃せるのか、とも
思っちゃいますがf(^^;

積水ハウスで予算3,000万円だと低すぎるのでしょうかね!?

坪数減らせば取り敢えず提案にはなるんじゃ?と思うのは素人考えでしょうか。

結果的に一条工務店では予算内で家を建てられた訳ですし、いま考えても
不思議な対応だったな、と思います。

どうしても私達夫婦に家を売りたく無かったのかも知れませんね(´・ω・`)

スポンサーリンク

フォローする


みんなのWeb内覧会

Web内覧会*一条工務店

ブログランキングに参加しています。 1クリックで応援お願い致しますm(_ _)m

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 住まいブログへ

   

コメント

  1. とり より:

    こんばんは、とりです(・∀・)

    積水ハウス、一条と契約した後に気になり始めたのですが(遅)
    訪問することはありませんでした。
    …が、お高いのですね…!!
    ちなみに土地を抜かした金額ですよね??

    ハウスメーカーや営業さんとの出会いも、ご縁なのかなぁと思う今日この頃。
    こちらの要望を無視する方と家づくりをやっていくのは、ちょっと難しい…というか無理ですね(((^^;

    それと、前回記事へのコメントになってしまうのですが、KMRRさんすごいです…!
    気づくのが超遅いですが、最近になって「営業さんのペースに完全にのせられてたな」と反省(?)しています(笑)
    今のオリジナルLEDはどんな仕様なのでしょうね☆
    先日(勝手に)KMRRさんのシューズウォール照明DIYの記事にリンクさせていただいてしまいましたm(_ _)m

    • KMRR より:

      >とりさん

      こんにちは、コメント有難うございますm(_ _)m
      レスが遅くなってしまって申し訳ありませんでした。

      積水ハウスは75万円~っという話なので、なかなか高いと思います。
      一条も結構高いんですけどね(笑

      説明が足りませんでしたが、土地を抜いた金額、建物+標準設備代金です。

      とりさんの仰る通りなんですよね~。家造りは高額な買い物、やっぱり信頼
      出来る、信頼できる可能性がある人とパートナーを組みたいものです。

      前記事へのコメも有難うございます。
      私はもっともっと論理的な思考力を身に付けなくては。。。と公私ともに
      現在の課題でもあります。
      ブログは頭の整理や文章力の向上が見込めるので、楽しみながら、自身の
      スキルアップのために、と思っています。これが家が建った今でもブログを
      続けられている理由かも知れません。

      現在のLEDの仕様、気になりますよね~。125φになった、ということだけでも
      羨ましすぎて発狂しそうになるくらい(笑)
      なぜに我々の時は130φなんて互換性の全くない仕様にしたのか、今でも
      ?????です^^;

  2. 匿名 より:

    はじめまして。
    バットと申します。
    初めてコメントさせて頂きますが、実はかなり前からこちらで勉強させて貰ってます(^^)

    我が家は来週、着手承諾予定です。
    上棟も7月予定ですので、KMRRさんと同じくらいのタイミングになるのかなと。
    2年遅れですが(笑)

    これからも、いろいろと勉強させて下さい。よろしくお願い致します!

    • KMRR より:

      >バットさん

      初めまして^^
      KMRRと申します。コメント有難うございますm(_ _)m

      かなり前から当ブログをご覧頂いていたとのことで、、、なんだか
      お恥ずかしい限りですが、私のような者のブログが少しでもバットさんの
      家造りのお役に立てているのであれば嬉しく思います。

      来週着手承諾なのですね!本当に我が家と同じようなスケジュール(笑)

      承諾前は見落としがないか、不安になりますよね^^;
      恐らく並行してお仕事もなされていることでしょうから、心身ともにお疲れの
      時期かと思います。
      承諾後は一息つけると思いますので、頑張ってくださいね^^

      7月上棟ということで、屋根が出来るまでの3日間は梅雨や台風に当たらないと
      良いですね。釈迦に説法かも知れませんが、出来る限り施工途中の配管・配線・柱や
      間柱の位置などを写真に収めておかれると良いと思います。
      図面には書かれていませんし、完成するとプラスターボードと壁紙で柱の位置などが
      全く分からなくなってしまいます。

      配線は、将来的なコンセント増設などの計画を練るために必要な情報ですが、
      こちらも図面には書かれていません。

      私は、明確な目的を持って配管・配線・柱の位置、などの写真を撮っておかなかった
      ため、漏れている箇所がいくつもあります。

      こちらこそ、今後とも末永く宜しくお願い致します。
      素晴らしいバットさん邸になりますことを心から祈念致しております。

  3. 積水 より:

    積水ハウスと契約前に別れて正解だったと思います。
    契約段階で既に客の意向を無視する兆しを感じられたと思いますが、それが正に、社風です。建築中に設計ミスが発覚しても、自社に損失が発生するようなミスは、客に損失を転嫁し、設計や施工をやり直すことはありません。完成後に、致命的なミスであっても、ミスを認め謝罪する姿勢は極力避けます(社内で徹底されているのか?)。些細なミスはカスタマーセンターで対応する体制ですが、重要な事は、致命的なミスの場合、客の意向は聞かず、自社の方針を強要します。本社にはクレーム対応部署はなく、本社は支店を助けることもありません。支店は、客に不利益を強要して解決?するしかない最悪の体制です。客が従わない場合は、補修工事はしません。支店長に謝罪の姿勢はありません。事態を理解しないまま、都合のよい理屈を述べ、不都合には無言、「裁判しろ」という発言も出ます。金をもらったら終わりという考えとのことです。
    これらは、わが家の体験ですが、ネットで見る限り、全国で、この種の対応は多々あり、これが積水ハウスの社風なのでしょう。もちろん、契約、設計どおり、ちゃんと作られた家にはクレームはないと思いますが。
    最後に、最も注意いただきたいのは、積水ハウスには、本社、支店含め、組織としてクレームに対応する意思と体制がないということです。ミスやクレームなど、自社に不利な情報を管理する意識は薄く、無礼、屁理屈、事実歪曲の対応は普通に行い、対応姿勢に対して謝罪を求めても、自らに非を認めず拒否します。マイホームは大きな買い物です。十分注意してください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。