照明の施主支給は得なのか??

スポンサーリンク
こんにちは、KMRRです。
いつも多くの方に見て頂き、有難うございます o(*^▽^*)o

20130428_142500 20130428_144424 20130428_152158
皆様、照明類を選ぶ時、多くの方は希望と予算制限の狭間で悩まれることがあると思います。(*゚ー゚)ゞ
さらに!!現在はオリジナルLEDキャンペーンも利用可能な状況ですので、
どれが最もお得なのか、複雑だな~と思われる方も多いかも知れません。o( ̄ー ̄;)ゞううむ

我がKMRR家では、一条オリジナルLEDとPanasonic製LEDを併用し、尚且つ
出来る限りこだわり、でもコストを安く抑える、というコンセプトで照明を決定しました。

では、私がどのような経緯で照明を決定していったのか、コストの面から私の考えをご紹介致します。

//// 予備情報 ////
我がKMRR家は一条ローカルのエリアですので、メーカー製の照明を一条工務店経由で購入すると
30%OFFで購入することになります。(直営エリアの方は50%OFFでの購入でしょうか!?)

一方で、ネット通販において、メーカー製の各種照明は
約55%OFF ~ 最大80%OFF Σ(゚□゚(゚□゚*)ナニーッ!!
と破格で購入することが出来ます。(ググるとすぐに見つかると思います)

今回は、照明を施主支給にするか、一条工務店から購入するか、について考えてみます。
そして、まさしくこれこそ、私が
一条オリジナルLEDを採用することに決めた最も大きな理由
でもあります。

本題に入る前に、まずは応援の・・・
 ↓↓↓↓ ポチっとお願いします
<(_ _*)> オネガイシマス

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ
にほんブログ村


//// 照明施主支給に伴う追加料金 ////
照明を施主支給にする場合、
シーリングライト: 追加配線費用 2,500円
ダウンライト: 追加配線費用 3,500円
が必要になります。

一方で、一条工務店経由で照明を購入する場合、追加配線費用は不要です。


//// ネット通販は高割引率、安く購入可能 ////
施主支給として、照明器具をネット通販で買う場合、Panasonic製品は最大で58% OFF 程度の
ネットショップ様が見つかりました。
今回は、施主支給品を58%OFFで買うことが出来る場合、照明器具は施主支給にしたほうが
お得なのか、一条工務店経由で購入したほうがお得なのか、ということについて計算してみます。


//// 損益分岐となるメーカー定価は? ////
定価を X 円、30% OFFでローカル一条工務店から通常購入、58% OFFで施主支給という条件

ダウンライトの場合
0.7x = 0.42x + 3,500 (円) ということで、x = 12,500 (円)
と計算出出来ました。

ということで、ローカル一条の皆様は、定価12,500円以上のダウンライトを購入する場合、
金額的には施主支給のほうが得になります。


シーリングライトの場合は、穴あけ工賃費用が不要なので
0.7x = 0.42x + 2,500 (円) ということで、x = 8,928(円)です。
定価8,928円以上のシーリングライトを購入する方は・・・って、、、、

書いていて思いましたが、シーリングライトの定価はほとんど8,928円オーバーですよね(笑)
ってことで、シーリングライトは
金銭的には施主支給にしたほうが断然安上がりです~~~(*^▽^*) 

ちなみに、直営店エリアの方の場合、
ダウンライト
0.5x = 0.42x + 3,500 (円) ということで、x = 43,750(円)

ダウンライトの定価は安いもので約7,000円、高いものでも30,000円前後なので、
直営店エリアの方の場合、よほど高額定価のダウンライト出ない限り
一条工務店経由で照明を揃える方が得です(*^▽^*)


シーリングライト
0.5x = 0.42x + 2,500 (円) ということで、x = 31,250(円)

シーリングライトは、定価31,250円以上の製品を採用する場合
金額的には施主支給のほうが得になります。


//// 施主支給における潜在的リスク ////
この他に考えるべきことは、
・商品は施主の責任で施主自身が用意しなくてはならないこと(納期トラブル、初期不良などの
 対応も施主側の責任)
・住宅ローンで支払いが出来ないこと
・故障時に一条工務店から保証が受けられないこと
などです。

施主支給にする場合は、その製品の故障時にはすべて自己責任で対応をする必要があります。
(不良品の場合は購入先に返品/交換の依頼をしたり、一条工務店の保証を受けることが
出来ないなど、目に見えにくいデメリットもありますので注意が必要です)


//// KMRR家の判断材料 ////
KMRR家の場合、
・ダウンライトの数が27個あること
・採用を検討していた9割以上のダウンライト(Panasonic製)は
 定価が8,000~15,000円位であること(メーカー定価がそこまで高くない)

我が家で採用を検討していた通常部のダウンライトはこちら
「Panasonic LGB72560 LE1」(←P社の製品ページを開きます)
天井埋込型 LED ダウンライト 100形電球1灯相当・浅型8H
高気密SB形・拡散タイプ(マイルド配光) 埋込穴φ125



楽天:コネクト オンライン様 販売価格:5,197円(税込、送料別)(約58%OFF)

この場合、
一条工務店経由で購入:定価12,390円の30%OFF=8,673円(配線込)
施主支給で購入:   価格5,197円+3,500円(配線・穴あけ費用)=8,697円

ぜ、全然お得になりません・・・むしろ24円のマイナスです orz

上述の通り、メーカー定価が12,500円以上でないと施主支給のほうが得にならないことが
分かっていますのでで当たり前なのですが、、、

続いて、我が家が階段部に採用したダウンライトがこちら
「Panasonic LGB72470 LE1」(←P社の製品ページを開きます)
天井埋込型 LED ダウンライト 100形ダイクール電球1灯相当・浅型8H・
高気密SB形・ビーム角24度・集光タイプ 埋込穴φ125


楽天:コネクト オンライン様 販売価格:6,694円(税込、送料別)(約57%OFF)

この場合、
一条工務店経由で購入:定価15,540円の30%OFF=10,878円(配線込)
施主支給で購入:   価格6,694円+3,500円(配線・穴あけ費用)=10,194円

か、、、かろうじて・・684円のお得です

結果として、施主支給にしてもダウンライトでは数百円程度しかお得になりません。
それであれば、私としては
「差額分684円を投資することで、一条工務店から一切の保証を受けることが出来る」
と考え、数百円でリスクヘッジ出来るのであれば安い、という判断をしました。


//// 個人的な最終結論 ////
KMRR個人的な結論 for 「照明の施主支給は得なのか??」
ダウンライト:一条工務店経由で購入する方が得
シーリングライト:施主支給で対応する方が得


と結論付けました。
そのうえで、「ではメーカー製照明を採用するか、またはオリジナルLEDを採用して
コストを抑えるか」ここを別途検討しました。
KMRR家の場合、全ての照明をEDキャンペーンにした場合の照明費用は約15万円です。
一方、メーカー製(私の場合はPanasonic)を採用する場合、ダウンライトは全体で
27個使います。配線+穴あけ費用だけでも3,500円×27箇所=94,500円です。
さらに、ダウンライト本体×27個、シーリングライト3個買い増しの必要があるため、
照明費用は30万円Overという概算結果に・・・

総額比較をするLEDキャンペーンを利用した方が15万円以上安くなる計算でした・・・orz

個人的には照明にお金を掛けても良いのですが、ギリギリの予算で新築計画をして
いますので、妻の了解を得ることは至難の業です。

ということで、私の場合、LEDキャンペーンを利用しつつ、こだわるところだけは
階段のダウンライト(定価約15,000円)、ポーチ(約30,000円)のみ施主支給として
コストを抑えながら照明を最終決定ていきました。

//// 最後に・・・ ////
そもそも、一条工務店としては照明類(特にダウンライト)の施主支給は
非常に消極的です。万が一照明にトラブルが生じた際、施主の皆様にサポートを
することが出来ない、ということがその理由だそうです。(担当営業さん談)

以上、「照明の施主支給は得なのか??」でした~o(〃^▽^〃)o

御帰りの際には ↓↓↓↓ ポチっと押して頂けると嬉しいです
<(_ _*)> オネガイシマス

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ
にほんブログ村
スポンサーリンク

フォローする


みんなのWeb内覧会

Web内覧会*一条工務店

ブログランキングに参加しています。 1クリックで応援お願い致しますm(_ _)m

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 住まいブログへ

   

コメント

  1. ぴよ より:

    『万が一照明にトラブルが生じた際、施主の皆様にサポートを
    することが出来ない、ということがその理由だそうです。(担当営業さん談)』

    ん~、実に営業さんらしい詭弁ですね~。
    一条の(最近の)ダウンライトはPanasonicの最廉価モデルのOEMですので、トラブルが生じた際は実質的にはPanasonicがサポートするんですよね~。
    営業さんは自社のダウンライトがPanasonicのOEMだということすら知らない可能性もあります。本気で自社生産してると思っているのかも。
    ちなみにウチの設計と営業は、PanaのOEMだという事実は知りませんでした。
    教えてあげたらびっくりしていましたからね。

    • KMRR より:

      >ぴよさん
      コメント有難うございます。
      営業さんの知識レベルはバラつきがあるようですね~。
      最近のオリジナルLEDはPanasonicのOEMなんですね。
      知りませんでした。

      私は初代オリジナルなんですが、ROHM社のLEDメーカー、AGLEDのOEMです。
      表立って公表されているかどうかは分かりませんが、、、
      営業さんから聞いたので間違いないと思います。
      加えて、当時、AGLEDの通常モデルのラインアップに一条OEM照明と
      同型の製品はありませんでしたが、リモコン形状が全く同じでした。

      ということは、初代LEDもトラブル時は一条を通すものの実質的には
      ROHMが対応する、ってことですよね(笑)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。