一条工務店ismart/アリエッタ(Arietta)レンジフード(キッチン換気扇)の掃除★パネルを分解して洗浄しました

スポンサーリンク
ダイニング/キッチン

こんにちは、KMRRです。

久しぶり(半年ぶり)にキッチンの換気扇を掃除してみましたのでレポします。
いつもはフィルターの掃除と油汚れの拭き掃除程度だったのですが、今回は
パネルを外して洗浄してみました。

Ariettaのレンジフード

我が家のレンジフードは、AriettaのCBARF-951という製品になります。
product
商品ページはこちら:Center Barchetta|センターバルケッタ | CBARF-951

2015年05月で販売終了となっているので、現在は他のモデルになっていますでしょうか。

用意するモノと必要作業時間

用意するものは
・2号のドライバー
・食器洗い用洗剤
・(肌の弱い方は)軍手、ビニール手袋
・(必要な方は)フィルター用不織布

ドライバーを使う作業があるため、慣れ不慣れがあります。
それから上を向いた作業なので疲れる、ということと、1工程だけ2人いると
作業が楽になるところがあります。

所要時間は30分から1時間程度です。

【閲覧注意】分解前の状態

DSC_2166 (1)
小さく載せておきます(笑)気になる方はクリックしてみてください。
大きな画像でご覧いただくことが出来ます。

DSC_2167
取り外した整流板です。

分解開始

整流板とフィルターを取り外しておきます。

DSC_2170 _1
赤〇のビスを2個外します。

DSC_2171
2番のプラスドライバーです。

DSC_2172
爪で引っ掛かっているだけなので、手前に引くと外れます。

DSC_2173
外れにくい場合は無理せず押し引きしてみてください。

DSC_2174
外れました。下側に注目。。。結構油汚れがありますね。


DSC_2168
右サイドも外します。

爪で引っ掛かっているだけなので、手前に引くと外れます。

DSC_2169
コントラストが悪くて見難いですが、赤〇部分がツメの場所です。


DSC_2177_1
奥側のパネルはこちらの2本です。

DSC_2176
ネジは万が一固い場合、ナメを防止するため、上方向へ押し込みながら回すと
良いと思います。

DSC_2178
奥側のパネルですが、パネルを外すと配線が繋がっている状態。
カプラー(白いコネクタです)を外します。この時、パネルを持ちながら
カプラーを外さないといけません。

この写真はパネルを左手で保持しながら、右手でシャッターです(笑)

カプラーは固くないので片手でもいけますが、慣れが必要です。
誰かにカプラー外しを手伝ってもらうか、パネルを支えておいて頂くか、
2名以上いると作業が楽になります。

禁断の技としては、コードに少し負担が掛かりますが、宙ぶらりんにして
カプラーを外す、というものありです。その際、カプラーを外した瞬間にパネルが
フリーになり落下する恐れがありますのでご注意を!


手前側は写真を撮り忘れましたが、こちらも2本です。

DSC_2184
全てのパネルを取り外した状態。

【閲覧注意】汚れの状態

DSC_2174
左側

DSC_2175
右側

DSC_2180
奥側パネル、照明内に虫の死骸を多数発見

DSC_2179
赤〇のネジを外してカバーを開けます。

DSC_2182 _1
赤〇のネジを3つ外すと照明ユニットが外れます。

DSC_2194
ガラスカバーも外れます。ツメはこのような形になっており、

DSC_2195
こちらにはまっています。

DSC_2196

DSC_2197
ツメの形を考えながら隙間を通してあげれば簡単に外れます。

DSC_2187
フィンは大丈夫そうだったのでそのままです。

写真がありませんが、オイルパックには1滴も油がありませんでした。

洗浄

外したパネルの洗浄

台所用(食器洗い用)洗剤で洗って終了です。油汚れは洗って落とすが一番!です^^

手前と奥のパネルは横長なので、シンクには入りきらないケースが多いと思います。
縦にして何度かすすぎで乗り切りました。

レンジフード側の掃除

垂れている/溜まっている油は拭き取りで除去。食器洗い洗剤をスポンジに含ませ、
水分少な目の状態でゴシゴシ洗いました。。そのあと濡れた雑巾なんかで何度も拭き取り
洗剤を除去したら完了です。

図面を参照したところ、使われている金属はステンレス亜鉛メッキの鋼板とのこと。
シリコンオフ、パーツクリーナーなんかでも油分除去出来そうですね。
私は、、、手持ちでパーツクリーナーがありましたが、すっかり忘れていました。

図面はこちら:http://www.ariafina.jp/upfiles/product/595/draw.pdf

ついでなので、フードの上側、油を含んだ埃がたまりやすい場所ありますよね。
こちらも綺麗にしておきました。(写真は有りません)

DSC_2188
掃除完了

DSC_2191
ネジの洗浄も忘れずに。

スポンサーリンク

パネルの乾燥と組立て

乾燥

洗ったパネルは、錆防止として水分を拭き取るようにした方が良いと思います。

DSC_2189

DSC_2190
良い天気だったので、洗濯干しついでにウッドデッキで乾燥させました。

組立て

といっても大したことはありません。外した通りに戻していくだけです。

DSC_2192
乾燥出来たので部屋に戻りました。

DSC_2193

照明ユニットがついたら、配線も元に戻しておきます。

DSC_2198

DSC_2199
手で軽く開きますので

DSC_2200
コードを収めておきましょう。

DSC_2201
奥から戻します。レンジフード側のカプラー接続も忘れずに。結線して
おかないと照明が点かなくなります(笑)

DSC_2202
我が家はフィルターをする派です。DAISO製の不織布を使っています。

DSC_2204
フィルターより少し大きめにカットしたら

DSC_2205
巻き込むようにして

DSC_2206
磁石で固定です。

DSC_2207
全て戻して完成。

勿論、オイルパックと整流板も戻しますよ(笑)

以上、ismart/アリエッタ(Arietta)のレンジフード、パネルを分解した掃除★洗浄のご紹介でした。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。