【照明/電気配線/間取り設計中の方必見?!】1,670万色の光と色を管理出来るインテリア用LEDパネル【間接照明や住宅イルミネーションにも!】

スポンサーリンク

こんにちは、KMRRです。

照明計画の一案として是非ご覧ください!!
昨日2017年4月11日発売の情報です。

Nanoleaf(ナノリーフ)製のLEDパネルで「Nanoleaf Aurora Smarter Kit」が発売されました。

間接照明にも使えますし、このままインテリアを兼ねた照明としても使えそうですよ~^^

何はともあれ、商品をご覧ください!

Nanoleaf社|Aurora Smarter Kit


このような三角形のLEDパネルを使います。


パネル同士を接続チップでコネクトします。

左の状態のパネルをスマホやタブレットで制御することが出来ます。


対応OSは、iOS8以上、Android 5.01以上です。

Aurora Smarter Kitの特徴

  • 三角形のLEDパネルを自由に組み合わせることで多様なデザインを作ることが可能
  • 簡単に光イルミネーション演出が可能
  • 1,670万色の中から各パネルの配色が設定可能
  • スマートフォン専用アプリで自由自在にカスタマイズ可能
  • Apple Home Kitによる音声コントロールに対応
  • 付属の接着テープで壁や天井などに簡単取り付け
  • 一つのコントローラーで最大30枚のLEDパネルまで拡張が可能

Aurora Smarter Kitの製品仕様

製品名 Nanoleaf Aurora Smarter Kit
光束 100lm(パネル1枚あたり)
LEDカラー 1,670万色
消費電力 最大2W(パネル1枚あたり)
調光機能 対応(アプリケーションまたは音声コントロール経由)
対応OS iOS8以上、Android 5.01以上
入力電圧 100~240VAC
通信プロトコル Wi-Fi(2.4GHz b/g)
定格寿命 25,000時間
外形寸法 約240×210×9mm(パネル1枚あたり)
重量 約210g(パネル1枚あたり)
同梱物 LEDパネル×9、パネルコネクション×9、コントローラー×1、両面テープ×28、電源アダプター×1
型番 NL22-0006TW-9PK
JANコード 0740016551188
アスクコード LE0046
発売時期 2017年 4月11日

出展:株式会社アスク様 http://www.ask-corp.jp

スポンサーリンク

インテリア照明例

Part1


プール付きは難しいと思いますが(笑)中庭を意識した設置は良さそうですね。


リビングに設置した例です。


カラオケボックスやモダンなホテルのような廊下なので戸建て住宅でこのイメージはないかもですが、壁と天井を一体に使うというアイデアは参考になります。

Part2

続いて、自由に形を作ることが出来る、1,670万色のアレンジが出来る、という点について、同じ場所で形やカラーリングを変えた時の印象の違いを御紹介します。


出展:https://www.whoopey.com

使い方

電源は?

100V電源で使用可能です。

設置方法は?

両面テープで取り付けます。

コントロールは?

iOS、Androidのアプリを使って制御しますので、お持ちのスマホやタブレットで利用可能です。

明るさは?

パネル1枚あたり100lmです。住宅で、メインの照明としては役不足ですね。あくまでも演出用と捉えて頂くと良いと思います。

カラーは何色?

1,670万色の演出が出来ますので、好みの調色が可能です。流れるイルミネーションにしたり、色を変えたり、と自由に設定が出来ます。

価格は?

輸入元の株式会社アスクさんによると、1セット(9枚セット)で市場予想価格27,800円前後(税別)とのことです。
ちなみに、USのオンラインショップでは$199.99 USDで販売されています。1ドル110円計算でいくと21,999円なので、為替レートの変動リスクヘッジのためのマージン、仕切りが高い and/or 輸送費などが↑乗せになっている感じですね。
(USのオンラインショップのソース:https://shop.nanoleaf.me/products/nanoleaf-aurora-smarter-kit)

ちなみに、楽天で調べてみると、nanoleaf社の他の商品になりますが、

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

nanoleaf broom コントローラーなしで調光できる LED電球
価格:6264円(税込、送料別) (2017/4/12時点)

こちらのLED電球を取り扱っているショップさんが複数ありました。

こちらは、USオンラインショップだと$39.99 USDで売られています。(現在はセール中で$19.99 USDとのことですが)
(ソース:https://shop.nanoleaf.me/collections/nanoleaf-classic-series-led-light-bulbs/products/nanoleaf-bloom-a19-led-light-bulb)

新築住宅で使用する場合を考える

部屋のイルミネーション演出


写真はレストランっぽいですが、参考にさせて頂くとすると、リビングやダイニングの壁と天井を使ったイルミネーション/照明演出なんかが出来そうです。来客時には注目の的になるではないでしょうか??


部屋の一部に設置しておくとシンボルとして活躍してくれそうです。

外構イルミネーション演出

丁度良い写真がなかったので文章で失礼します。

外構、例えば門柱に(防水対策として)透明の強化プラスチックなどのパネルを仕込んで、その中にNanoleaf Auroraを好みの形で仕込む、なんて使い方が出来そうです。
アプローチの脇、地中に埋め込む使い方も面白そうですよね。防水・防湿対策は考えなくてはなりませんが、、、外構業者さんが何とかうまいこと処理してくれるでしょう(笑)

子供部屋に


子供部屋に設置してあげると子供やお友達が喜んでくれるでしょうか??ただし、、、少し部屋を暗くしないと引き立たないので、子供が遊ぶことを考えるとイマイチな案ですかね、、、^^;

間接照明

三角形ということで、間接照明としてはなかなか使いにくいのですが、1,670万色使えることと多彩なイルミネーション演出が出来る、という特徴・メリットをいかした使い方をされたい方は魅力的なLEDパネルライトだと思いました。

新築の場合、電気配線設計はどうする?

ポイントは2つです。

1、設置したい箇所に100V電源(コンセント)を設けること
2、配線コードが見えないように隠蔽配線などを工夫すること

「1」は簡単なので割愛します。
問題は「2」です。

折角の演出なので、出来れば配線コードを隠蔽してスッキリと設置したいものです。

予め設置する場所が決まっている方は、コードを壁内で配線できるような工夫をすると良いかも知れません。
TV裏の配線と同じイメージです。
電源コンセント自体は家具の裏などで見えなくしておいて、配線は壁内を通して設置する、という感じです。
LEDパネルを設置するところには配線孔が必要なのでちょっと工夫が必要ですね。

Nanoleaf社とは?

元々はそれぞれ異なる仕事をされていたCTOのGimmy Chuさん(読みはどっかのブランド名みたいですが、笑)、CTOのTom Rodingerさん、COOのChristian Yanさんの3人で2012年に立ち上げた会社です。
LED技術に特化した会社で、特に熱処理の技術に長けているとのことですよ~。
(ソース:https://en.wikipedia.org/wiki/Nanoleaf)

英語のサイトですが、nanoleaf社のWebsiteはこちらです。

まとめ

ちょっと使い方が難しいかも、ですが、なかなか面白そうな製品があったのでご紹介させて頂きました~^^

スポンサーリンク

フォローする


みんなのWeb内覧会

Web内覧会*一条工務店

ブログランキングに参加しています。 1クリックで応援お願い致しますm(_ _)m

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 住まいブログへ

   

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。