【ガレージ内装DIY-Part28】L字型の棚を増設するPart3 【イナバ物置・自作】

スポンサーリンク

前回記事からの続きです。

骨組みの仮組み~固定まで


399mmの部材の3本目の柱を仮組みします。


3本目の柱を置くとこんな感じに

これでかなり完成形が見えてきましたね。

ちなみに完成形はこちら

スポンサーリンク

それぞれの部材に少しずつ加工上の誤差があることと、木の反り、曲がりがあるので、それらを考慮して位置出しをしていきます。


位置が決まったらコーススレッドで固定


既設の棚側の梁はビス止めして固定します。4本目の柱の代わりを果たす、L字棚のカギになる部分です。


1,086mmの部材を横に渡してこちらもコーススレッドで固定です。

基本的には全て下穴開けとビス頭を埋めるための面取り加工済みです。


片付けてから写真を取れば良いと思うのですが、生憎手狭でして、、、煩雑で恐縮ですが、、、

棚の骨組みが大体出来てきました。

上と下の骨組みはまだ固定前の写真ですね。
ここから上述した木の反り、曲がりをうまく処理しながら出来るだけ水平が出るように、並行/垂直になるように、と気を遣いながら固定していきます。


床面は基礎パッキン(スペーサー)でコンクリートの床面と直接触れないようにしています。
雨が降ると床面が湿ってくる or 豪雨や台風の時は浸水しますので、木が腐らないようにするためです。
なお、この部分の2×4は叩き入れているだけなので、腐ったら取り外して交換することも出来ます。

棚設置用の受けを設置する

奥にある棚と同じく、こちらも棚板は落とし込みの仕様にします。


受けとなる木をカットしてねじ止めするための下穴をあけます


11mmの板材の端材を使い、ツライチ具合を確認しながら棚受けを固定していきます。


ハマり具合を見つつ微調整します。


ここは誤差が酷くて苦労しましたが何とか棚が付きました。


基本的に余剰材料を使っているため、上と下の棚は寸法が少し足りない材料を使っています。
ちょっとピンボケしたことと遠めには分かりにくいのですが、


寄るとこれだけ隙間があいています。


反対側も隙間があります。
トータルで約9mmショートの材料でしたので、どうしようか迷ったのですが、設置してみたら許容の範囲だったのでこれで採用とします。
しかし小さい部品は置けないですね^^;


最上部は現在思案中で仮の状態ですが、設計した通りにL字型の棚を増設することが出来ました。


収納力アップにつき、効率良く収納できるようあれこれと考え中です。

ガレージカスタム関連記事

[catlist name=”garage”]

スポンサーリンク

フォローする


みんなのWeb内覧会

Web内覧会*一条工務店

ブログランキングに参加しています。 1クリックで応援お願い致しますm(_ _)m

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ にほんブログ村 住まいブログ DIYへ にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 住まいブログへ

   

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。