【ガレーディア】ismartに隣接してイナバ・ガレージを建てた【工事終了編】

スポンサーリンク
i-smart

こんにちは、KMRRです。

前々回の記事

にてご報告した通り、先週17日金曜日に無事イナバ・ガレーディアが
完成しました。

仕事のため、作業はほとんど見ることが出来ませんでしたが、
家族の話では
朝8時~基礎工事開始、
14時頃 基礎工事終了
16時頃 完成

というタイムスケジュールだったようです。
組み立てって早いんですね~ オォォー!! w(゚ロ゚)w
組み立て説明書を見ると、パーツは分割されていて、それぞれを
ボルトで留めていく作業と思いますので、難しくは無さそうですが^^;

完成したガレージを見てみると、そのパーツ点数が多いので
2時間程度で組み立てるとは、さすがにプロですね♪(・ω・)ノ

では、早速ですが、納入されたガレージをご紹介します。

 イナバ・ガレーディア GR-99H

DSC_0383
どうですか!?この圧迫感(笑)
狭い土地に建てたのですから仕方ありません(´・ω・`)

DSC_0398
少し中身を入れてしましましたが、、、バイク+荷物用の
ガレージなので十分な広さかと思います。

車を入れる場合は、軽自動車のサイズです。

 ガレーディアに採用したオプション紹介

DSC_0402
オプションの20cm換気扇パネル KNX-H 定価4,200円
(本体同時注文の場合)です。

換気扇本体とウェザーカバー(雨除け)が別途必要なのですが、
まだ購入していないので、空きっぱなしになっていますwww

これは、一般用換気扇20cmタイプの取り付けが可能です。

私は換気扇には全く詳しくないものですから、一般用換気扇で
20cmと言われても何を買えばよいのやら・・・??です。

ので、色々調べてみました。

備忘録がてら、メモしておきますので、同様の方がいらっしゃる
場合はご参考として頂ければと思います。

まず、一般用換気扇とは、所謂昔の台所などで使われていたもので、

こんな感じの換気扇です。

20cmというのは外枠・筐体のサイズではなく、羽のサイズを
指すようです。これも知りませんでした・・・^^;

DSC_0387
換気扇/ウェザーカバー用の木枠です。
これもオプションに含まれています。別購入すると1,500円位するのですよ!
木枠+コーキングまでしてくれて4,200円、、、なので、このオプションは
まぁ妥当な価格かと思います。

20cm換気扇は、内寸25.0cm四方の木枠に取付け可能なサイズで
作られています。換気扇の筐体自体の大きさで約~30cm弱程度の
ものが多いかと思います。

DSC_0404
こちらもオプションの小窓パネル KN-H 定価3,100円
(本体同時注文の場合)です。

DSC_0395
裏側はこのようになっています。

DSC_0399
大型採光パネル KOS-H 定価8,400円(本体同時注文の場合)
です。

DSC_0393
ひとつ誤算だったのは、この採光パネルの目の前に電信柱が
あったことです・・・^^;
景観は勿論良くないです(笑)
後述しますが、設置する位置は変更できるので再検討してみたいと思います。

 GR-99Hの内部の様子

DSC_0401
中央部の梁の部分です。
100人乗っても~と謳っている、屋根に掛かる重量をここで支えていると
思うと頼もしく感じます。

DSC_0406
その他の天井梁はこんな感じです。

DSC_0409
これは壁面を固定している支柱です。
イナバのガレージは幅約450mmのパネルを繋ぎ合わせるような
構造になっています。左右のパネルをこの支柱でつなぎ、
上下の骨格部分と接続・固定しています。

DSC_0403
上部にある黒丸はゴムブッシュとなっており、配線通し穴のようです。

DSC_0405
左右に1個ずつあります。

これ、一つ疑問があります。

これはガレージ背面部にあるのですが、

DSC_0388
背面はこのような構造、屋根は前→後ろに傾斜がついていて写真の部分から
雨水が垂れてきます。
ここにオプションで雨樋なんかを付けるのですが、配線通し穴にPF管なんかで電線を
持ってくる場合、雨樋を付けると干渉してしまうのです。
コーキング処理をすれば問題ないかとは思いますが、、、

 GR-99Hの基礎の様子

DSC_0410
基礎はブロック基礎です。
ブロックをモルタルで繋いでいます。

DSC_0411

DSC_0413
施工直後に雨が降ったので、雨が浸みているのかモルタルが乾いていないのか
判断出来ませんが、、、浸水する可能性は十分ある、との事前説明でしたので、
少し不安です。

DSC_0390
外側です。
こちら側にコーキング処理をすれば浸水を防げるでしょうかね。

DSC_0391
ホームセンターに行ったらコンクリート用のコーキング剤を探してみます。

DSC_0412
シャッター支柱部分です。
少し隙間があるのが気になります^^;

DSC_0395
シャッター支柱はアンカー打ち込みと(我が家の場合モルタル仕上げ済みなので)
斫り(はつり)と選べたので、斫りを選びました。

DSC_0414
シャッター棒です。
開口部はブロック基礎を入れると約2.2m位の高さになりますので、シャッターを
全開にしてしまうと閉める時に届きませんwww ので当然シャッター棒が付属されます。
シャッター棒を使うのが面倒なので、私はいつもシャッターを半開き状態にして
ガレージ内に入り、入ったら閉めてしまいます(^^)

工事完了編は以上で終了です。
これからガレージカスタマイズ作業に入ります~

ガレージカスタム関連記事

スポンサーリンク

i-smartガレージ
スポンサーリンク
Smart house cool life

コメント

  1. 匿名 より:

    はじめまして、ぼのぼのです。
    しろのすけさんへの コメントを拝見いたしました。
    参考になりました。
    もう少し 悩んでみます。

    • KMRR より:

      >ぼのぼのさん
      コメント有難うございます。 しろのすけさんへのコメントも見て頂き有難うございました。
      一条工務店の夢発電は、一般的な市場価格からするとやや高めの商品化と思いますが、ほぼ屋根全体をカバーして施工できることで、見た目が損なわれない、というメリットがあります。折角新築なのにいかにも”後付け”という風にパネルを設置したくなかった私にとっては、一条の家で太陽光パネルを載せるのであれば一条の夢発電を利用する他はないと思ったのでした。

      もう少し価格が安ければ、余剰買取りでもメリットが見いだせますので、全量買取りと比較して悩んだかもしれません。

      個人の判断、好み、という部分も多い商材ですし、特に正解・不正解ということもないこともまた悩みの種になりますね^^;

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。