一条工務店ismartに住み始めて2年経つ訳ですが (感想・レビュー)

スポンサーリンク
住んでみてレビュー

こんにちは、KMRRです。

久しぶりに一条工務店ismartについて書いてみたいと思います。

タイトルの通り、我が家は2013年9月の引き渡しから住み始めて
2年が経過しました。

エリアや営業担当者によっては、引き渡し後も細やかなサポートがあるケースも
あるみたいですが、我が家は全くと言って良いほど何も連絡がありません(^^)
別にクレームを言っている訳ではありませんよ(^^)

必要がある時はこちらから連絡すれば対応して貰えていますし
ismart-Lifeに支障があるわけではないので(^^)

ただ、一部住宅設備を除いて、保障期間が2年ということなので、何かしらの
連絡やフォローを頂けるものと期待していたところがあったんですよね。

木の収縮によるクロスに隙間が生じてしまう/浮いてしまう、ってことは
良くあるので、1年半くらいを目途に修正しますよ!っと引き渡し時に営業さんが
仰っていたんですよ。(^^)

なので、引き渡しから2年になる数か月前にはフォローくらい入るかな~なんて
勝手に思ってしまっていました。(^^)

あ、KMRRの独り言ですので繰り返しですが特にクレームではありません(笑)

(^^)顔文字を多用しましたが、心の内が少しでも伝われば幸いです(笑)

それで本日の本題ですが、ismartに住んで2015年9月で2年になります。
ということで、そろそろレビューなどしてみようかと思います。

やはりismartは断熱性が高い

特に冬ですが、寒いアパート暮らしだったので、新築をするならば高気密
高断熱住宅が良いと思っていました。

IMG_6222
ismartの展示場に行くと、冬は床暖房とエアコン稼働でガンガン暖めていて
夏はエアコン全開って感じなので、家の性能に因る暖かい/涼しいなのか、
家電の働きによるものなのか(笑)良く分からないというのが正直なところでした。

ですので、実生活で高気密高断熱の性能を感じることが出来るのか、不安がありました。

実際2年住んでみて、高気密高断熱は素晴らしいと思います。
これは多くの方がレビューされている点ではありますが、私も
同様に感じています。

冬場、床暖房の設定は25℃、エアコンは特に寒い時、一時的に使用する程度で
ほぼ使っていませんが室温は常時22℃くらいです。(リビング)

スポンサーリンク

遮音性も高い

ここで語る遮音性は、室内/室外の話しです。
展示場でも実感することが出来た点ですが、我が家のismartは遮音性も大変
優れていると思います。
暴風でなければ外の雨風を感じることはありません。
壁、窓ガラス含め優秀だと感じています。

我が家は結構車通りがある道路沿いですが、違法改造をしている車/バイク以外は
ほとんど騒音を感じることがありません。
程度に因りますが、幹線道路、線路、工場など、騒音があるエリアでも
家の中は比較的静かに保てるかも知れませんね。

部屋間の遮音性は高くない

以前、さすけさんが詳しく記事にされていましたが、ismartの場合、部屋間の
遮音性は高くないと思います。

特に1F/2Fに関しては良く音が通ってしまうと思います。
気になる方は防音・遮音シートや吸音材などを天井に施工できるかどうか、
営業さん、設計さんと良く相談されると良いでしょう。
防音・遮音シートは2mm厚くらいなので施工自体に問題はないと思います。
(この防音・遮音シート、たった2mmの厚みですがあるとないとでは大違いですよ~)

私は23時頃に帰宅して、夜のNewsを見ながら夕食、ということが良くあるのですが、
普通のボリュームでTVを付けていると2Fの寝室で寝ている妻から「TVのボリュームを
下げろ」とクレームが入ることがしばしばあります。

もう一度設計からやり直すことが出来るならば、間取りを考えて、実生活上
影響が出そうな壁や床〈天井)に防音、遮音、吸音の処理を追加したいと思います。

スポンサーリンク

住んでみてレビューi-smart
スポンサーリンク
Smart house cool life

コメント

  1. とり より:

    こんにちは、とりです(・∀・)
    ブログをご紹介いただきましてありがとうございますm(_ _)m

    太陽光ってそんなに割高だったのですね(^o^;
    よくわかっていませんでしたが、夢発電を利用できるというのと、屋根一体型ということを考えると、それでも良かったかなぁ…
    でも今となっては、固定資産税のことを考えると悩ましいです(;^_^A

    食洗機は、今は深型がオプションで選べるようになっているそうですね。
    我々の頃は、セゾンはできたけれどi-smartはできなかったんですよね。
    結構しつこく聞いたのですが、やっぱりダメだったという経緯があるので、悲しいです(ノДT)
    標準の大きさの食洗機では正直使えないですね。。。

    防音・遮音シートってすごく良さそうですね!
    防音対策といえばグラスウールになるのかな?と思っていましたが、あまり効果がないらしいですもんね。

    • KMRR より:

      とりさん、コメント有難うございます。

      スミマセン、、、リンク貼るのを忘れていましたf(^^;
      先ほど記事修正しておきました~^^

      一条の夢発電は、設備代で乗っけて金利でも乗っけて、、、
      ボロ儲けだと思います(笑)
      ここでは詳しく書けませんが、某大陸からの格安パネルです(爆)

      それでも、とりさんが仰る通り屋根一体型は魅力です。

      Sharpあたりは極薄膜で高効率な太陽光発電フィルムなども開発済みです。
      (実用化まではもう少し掛かりそうですが、どうやら自動車のルーフに使うみたいです)
      あと10年くらいすれば、蓄電池技術も発達して、自己消費のための太陽光発電が
      デフォルトになるのでしょうか。そうなると、多彩な屋根デザインに対応する、なんて
      ことになるような時代が来るかも知れないですね。

      食洗器は深型が採用出来ただけでも多少変わったと思いますが、我々の時は
      仕方がなかったですよね~、う~ん残念。。。

      防音対策は、空気伝搬音か個体伝搬音か、高音/中低音/超低音なのか、
      どういう種類の音を漏らしたくないか、など目的に因るのかな~と思います。
      グラスウールでも良い働きをしてくれるケースもあると思います。

      一般的なリビングの音を防ぐには、恐らく防音・遮音シート+高密度な
      吸音材が良いような気がします。人の話し声やTVから出る音の帯域/周波数に
      合わせて部材を選定すれば少なくとも10dB~位の減衰は期待できそうですよ。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。