【ガレージ内装DIY-Part16】本格木工工具の導入と簡易作業台作り【イナバ物置・自作】

スポンサーリンク
DIY

こんにちは、KMRRです。

ガレージ奥に設置する棚が完成し、ようやく荷物を片付けることが出来ました。
残りの壁作りを再開しつつ、新たな構想を練っているところです。

今後の作業をやり易くするために、木工工具を導入することにしました。
また、ガレージ完成までの間の一時的に使う簡易作業台を作ってみましたので
ご紹介します。
(ガレージ内壁つくりは小休止です)

作業台製作

2×4材で作業台を作ります。
天板は壁用に買ってあったポプラ合板を使います。
最奥部の壁の隙間に使った余りがあったのですが、サイズが1,500mm×910mmくらい
あるので、これならば1,820mmの材料を置いて作業できるかな、と思った次第です。

この合板は11mmなのですが、本当は25mm以上のしっかりした天板が欲しいところです。

作業台は別途ガレージに設置する予定なので、その際にはもう少ししっかりとした
材料を使いたいと思います。それまでの繋ぎとして使うということで、今回は少々薄い板ですが
良しとします。

天板サイズに合わせて簡単に設計してホームセンターで材料を買います。

DSC_1290
材料一式です。ホームセンターでカットもしてもらいました。

DSC_1291
足を組み立てます。

接合は全てコーススレッドです。木割れ防止の下穴を開けてからインパクトで
コーススレッドをねじ込むだけです。

DSC_1292
材料が大きく、この場所が斜めになっていて安定しないので
結構苦労しましたが何とか組み上げました。

DSC_1293
天板を付けて完成です。

DSC_1294
作業台が入ると狭いのですが、ガレージの中で作業ペースが出来ました。

これまでは床面で材料をカットしていたのですが、作業台が出来たことで
立ったまま作業が出来るようになりました。

DSC_1295
全周Fクランプを使えるようにしておいたので、材料の固定が容易に
なりました。

作業台のサイズは、天板が1,500mm×910mm、足となる架台は1,300mm×700mm程度
としています。
適当ですが、これを使ってみて、色々と使いやすい、使いにくい、などの
感想が出てくると思います。
これを次回、本番の作業台製作の設計にいかしていきたいと考えています。

材料費は2×4材の12Fを3本と天板、カット代で約3,000円位です。

この後、作業台のカスタマイズを始めていますので、この辺りはまた別途
ご紹介させて頂きます。

スポンサーリンク

新・木工工具の導入

素人の日曜大工だから、ということはあるのですが、丸ノコだと色々と冶具を
揃えないと木材を切断した際に精度が出ません。

また、これまではコーススレッドで固定する方法を取ってきていますが
今後はそれ以外の木材結合手法も身に付けていきたく。
完全に木工工作(日曜大工)にはまっています(笑)

トリマー リョービ 「TRE-60V」の導入


RYOBI TRE-60V

トリマーとは
1343_2_main
出典:リョービ様 http://www.ryobi-group.co.jp/powertools/products/item_detail.php?pid=1343

このように溝を掘ったり外周にR(丸み)をつけたりする電動工具です。

楽天市場の「セミプロDIY店ファースト」さんで購入、トリマービット
20本付きで23,800円 (税込 25,704 円) 送料込でした。

DSC_1284
注文後2日で到着。

DSC_1286
早速開封していきます。

DSC_1287
本体と

DSC_1288
付属品を確認。漏れなしです。

DSC_1289
ビットはアルミケースに入っていました。
中国製なのですが、初心者にはちょうど良いかな?ってことでお試しです。

DSC_1296
早速試しに溝堀りです。
初めてなので上手に出来ませんでした(笑)
綺麗に溝堀りするには冶具が必要ですね。

DSC_1298
冶具は作りませんでしたが、しっかりクランプで固定して、頑張って
掘ってみました。

このように溝を自在に掘れるようになると
DSC_1297
このようなリブに合わせてぴたっりはまるようになります^^
左の溝は失敗していますがf(^^; 特に問題ないのでこのまま採用とします。

スライド丸ノコ 日立「C7RSHC」の導入


日立工機 深切り卓上スライド丸のこ「C7RSHC」(スーパーチップソー・
LEDライト+レーザーマーカー付)です。
こちらの楽天市場に出店されているプロキュアエースさんで購入、
59,290円 (税込 64,033 円) 送料込でした。

相当思い切りました(笑)

slide
幅412mm×奥行780mm×高さ480mm なのでかなり大きな筐体です。
前後にスライドするので、直角切断は61×312mmまで対応しています。

つまり、2×4材ばかりか2×6材、2×8材も一発で切断出来ます。
300mm以内の合板なんかも一発切断ですね~。
合板のカットはあまり使う予定はないんですが、300mm以内の材料を
縦切り出来るところに魅力を感じて、スライド丸ノコにしました。
2×2材はホームセンターに売っているのですが、12Fモノしかないんです。
12Fモノの材料は、たいてい曲がり、ひねりがあるので、6Fを買って
任意のサイズにカットした後に縦切りする、ってな用途でも
スライド丸ノコを使えるかな、と。

point2
±45度の範囲で傾斜切断、角度切断も出来ます。
(角度切断範囲 左0~45度 / 右0~57度、傾斜切断範囲 左右0~45度)

長物、大物はホームセンターのカットサービスを利用するとして、
卓上丸ノコを購入しようかと非常に迷いました。(価格も全く違いますので)

最終的には、大は小を兼ねる、ということと、安物買いの銭失い、とは
なりたくなかったので、思い切って「欲しい」丸ノコを買った次第です^^

こちらも注文後2日で到着。

DSC_1304

DSC_1301

DSC_1303

初めての卓上丸ノコなのですが、精度を出すためには初期調整が色々とあって
少してこずりました。約1時間半くらい掛けて各部の点検と使い方、初期調整を
無事終えました。

DSC_1306
300mm弱の材料を縦カットしてみました。
切れ味抜群!すごーく楽ちんです。

レーザーはかなり助かります。
レーザー照射の調整をしっかり行っておくことで、墨線とレーザーを
合わせるだけで寸法通りにカットすることが可能です。
(ノコ歯幅が3~4mmありますので、これを考慮してカットする必要があります)

ボール盤も欲しいのですが、今のところは使う頻度が少ないので見送っています。
が、、、たぶん買っちゃいます(笑)

本当はテーブルソーがあるとかなり便利なのですが、ほとんど流通していないのと
高価なので自作されている方の記事で勉強中です。

家作りもそうでしたが、諸先輩方のご経験、知識は大変有り難いですね~。

次回、ガレージ内装作りを再開します(笑)

ガレージカスタム関連記事

スポンサーリンク

DIYガレージ
スポンサーリンク
Smart house cool life

コメント

  1. はっち より:

    こんばんは、はっちです^^

    トリマーとスライド丸のこ^^
    どっちもあるといいな~なんて思いながら、自分の腕がないため、具体的な用途が見えず、購入に至っていなかったりします^^;

    それにしても立派な作業台が羨ましいです^^
    自分は、決まった作業場が無いため、収納できるペケ台使っています。
    いつか工房が欲しいです^^;

    • KMRR より:

      はっちさん
      コメント有難うございます。

      工房いいですね~。
      最近は木工工房や冶具、○○継ぎの加工方法なんてサイトばかり
      サーフィンしています。
      Youtubeもかなり面白くてよく見ていますが、DIY大国USの方々をはじめ、
      多くの方が使っていらっしゃいますテーブルソーが欲しいです。

      トリマーはレビューをチェックしていたので分かっていたことではありますが、
      騒音がなかなか素晴らしいです。
      昼間でも近所には気を遣うことになりそうですf(^^;

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。