梅雨の湿気・カビ対策/コツと2016最新洗濯乾燥機まとめ~菌繁殖を防止して洗濯物の部屋干しもOK!

スポンサーリンク
新居で役立つまとめ情報

こんにちは、KMRRです。

5月も下旬となり、いよいよこれから梅雨の季節になりますね~。

ismart生活で迎える梅雨も3回目となりますが、我が家の梅雨対策も交えて
梅雨の湿気・カビ対策について書いていきたいと思います。

梅雨時期の洗濯は大変?!

梅雨時期はさえない天気が続いて、洗濯の大敵ですよね。
一人暮らしの時は浴室乾燥機がありましたし、寧ろ外には干せない場所だったため
1年浴室乾燥でしたから特に困ったことは有りませんでした。

ismartには浴室乾燥機能を付けませんでしたので、特に梅雨時期は部屋干しで
対応することが多くなります。

梅雨時期で湿気が多い時期に部屋干しをすると困ること、一番のストレスは
カビの匂いではありませんか?

カビ菌や雑菌の繁殖に気を付ける

洗濯物がカビ臭くなる原因は、ご想像の通りカビ菌や雑菌の繁殖が原因ですね。
カビ菌や雑菌が発生する場所は、

  • 洗濯機(洗濯槽)
  • 洗濯物
  • 洗濯に使う水
  • 部屋の湿気・湿度

でしょうか。

今回はこれらについてカビ菌・雑菌対策を考えていきます。

洗濯機(洗濯槽)のカビ菌・雑菌対策

分解洗浄が出来れば一番なのですが、自分で出来る方は極僅か、、、
業者さんに頼むと数万円コースになってしまいますし、コスパを
考えると躊躇してしまいます。

ですので、分解洗浄しないで出来る限りの対策を考えていきます。
パナソニックのHPによると、洗濯槽の黒カビ発生を予防するには

  • 洗剤の使用量を守ること
  • 週1回は槽乾燥すること
  • 月1回は槽洗浄すること

とあります。

洗剤を入れ過ぎると槽内に残ってしまい、これがカビの栄養分になります。

パナソニック「洗濯機の黒カビ予防と対策」

洗濯槽クリーナーを使う

洗濯槽のカビ菌・雑菌対策はとりさんのこちらの記事が大変参考になります。

洗濯機の「ピロピロワカメ」を一発で撃退する洗剤

とりさんの記事では、

パナソニックの塩素系クリーナー、N-W1が紹介されています。

なお、ドラム式洗濯機用はこちらです。

パナソニック ドラム式洗濯機用 洗濯槽クリーナー 750ml N-W2

価格.comの満足度ランキングでは

1位 洗たく槽クリーナー(500g)【シャボン玉石けん】

2位 ジョンソン 洗濯槽 カビキラー 550g

3位 エスケー石鹸 すっきりシリーズ 洗濯槽クリーナー

4位 P&G アリエール洗濯槽クリーナー
5位 日本合成洗剤 洗濯槽クリーナー(粉末タイプ)

となっています。

Amazonでは

1位 花王 洗たく槽ハイター 180g

日立の洗濯槽クリーナー SK-1も人気があるようです。

スポンサーリンク

通気性を良くする

洗濯機の扉を開けておき、通気性を良くするように心掛けるだけでも効果があります。
洗濯槽の内部、特に奥底までは乾きませんが、、、

扉を閉めて密閉空間にするよりはマシかと思います。埃を気にされる方もいらっしゃると
思いますが、我が家は出来るだけ扉を開けています。

乾燥機能を使う

全自動洗濯機の場合は乾燥モードがある場合があります。
洗濯物を乾かすだけでなく、洗濯槽も乾く + 高温になるため、雑菌の繁殖抑制に繋がります。

ただし、電気代が掛かる点はデメリットです。

洗濯機の乾燥機能にかかる電気代は洗濯時の28倍!節約方法は?

こちらのサイト様によると、洗濯容量9kgの洗濯乾燥機の場合、
洗濯~脱水までは1.7円(62Wh)なのに対して、乾燥機能を使うと46.9円(1812Wh)と
乾燥機能を使うことで約28倍の電気代が掛かってしまうとされています。

これは大手家電量販店の店員さんから聞きましたが、ヒーター乾燥か、ヒートポンプ乾燥か、
にもよって掛かる電気代は変わるようです。

ドラム型ヒートポンプ乾燥タイプの洗濯乾燥機が最も乾燥時の電気代が安いようですので、
ランニングコストを気にされる方はドラム型ヒートポンプ乾燥タイプが良さそうです。

洗濯物をためずに雑菌繁殖防止

衣類は汗をはじめ雑菌がたくさんいます。

特に気を付けたいのはバスタオルですよね。

有名な話でいくつかのメディアでも取り上げられていることですが、

衛生微生物研究センターさんのHPを引用させて頂きますと

使用直後のバスタオルには1枚当り数十~数百個くらいの雑菌(主に使用者の体に由来する細菌)が付いていますが、 そのタオルを3日間洗濯せずに使うと、細菌数は数万~数億個に激増します。

ということです。
梅雨の時期は特に、洗濯物を溜めないように気を付けると良いと思います。

綺麗な水を使う

梅雨時期は、洗濯(特にすすぎ)にお風呂の残り湯を使わないことがカビ菌・雑菌を繁殖を
防ぐうえで効果があると思います。

ただし、除菌・抗菌効果のある液体酸素系漂白剤を使うなど、しっかり対策を
施している場合は特に問題ないと思います。勿論、すすぎは水道水で。

部屋の湿度管理

梅雨時期はどうしても湿度が上がりがちですよね。

湿気対策について調べてみました。

エアコンのドライや除湿機を使う

一番手っ取り早い方法です。

価格.comの満足度ランキングNo.1はこちらです。

パナソニック ハイブリッド方式 衣類乾燥除湿機 F-YHLX120

エアコンのドライモードも良いと思いますが、電気代が掛かってきますので
状況を見ながらオン/オフしていく方が良いでしょうか。

手軽に導入できる身近なアイテムで除湿する

新聞紙、竹炭、重曹、などを利用する方が多いようですね。
どれもスーパーやホームセンターで購入出来ますし、価格も手ごろなものが
販売されているので導入しやすいかと思います。

特にシューズボックスは、新聞紙+重曹が効果的だそうです。

換気扇をオン!

我が家の場合、湿度対策でお風呂の換気扇は24時間オンにしています。
来客が無い場合は、お風呂の扉も開けておきます。

雨が続いてジメジメしている時は、キッチンの換気扇を入れておいても換気効果が
ありますよね。

扇風機を使って空気を循環させてあげる、というも効果的です。
夏場もエアコンの冷風を循環させると効率よく冷やすことが出来ますね。これは
オフィスで実際にやっています^^

2016年時点、最新の洗濯乾燥機情報

各社、洗濯槽のクリーニングや防カビなどを謳った製品をリリースしているようなので、
少しまとめてみました。

東芝

東芝の洗濯機情報ページへ

ドラム式洗濯乾燥機 「Bigマジックドラム」(洗濯11.0kg/乾燥7.0kg)
TW-117X3R-WW インテリアホワイト

黒カビ予防のため、「マジックドラム」という洗濯槽を採用しています。
毎回、脱水する際の高速回転を利用し、Ag+(銀イオン)抗菌水で外槽の内側を
洗い流して除菌するそうです。
https://youtu.be/BqKbAqnshX8

シャープ

シャープの洗濯機情報ページへ

シャープは「穴なし槽」と「プラズマクラスター」で防カビする仕組みです。
https://youtu.be/xkL4ACtEFts

Ag+は5,500回使用可能とのことです。

パナソニック

パナソニックの洗濯機情報ページへ

パナソニックは

「自動槽洗浄」で、槽を洗浄してから衣類をすすぎます。脱水中にも「カビクリーンタンク」による噴射水で再び槽を洗います。洗濯終了後には「ナノイー」を充満し、黒カビ発生を抑えます。

とのことで、制御機能で黒カビ対策をしているようです。

日立

日立の洗濯機情報ページへ

Websiteを確認したところ、日立は特に黒カビ発生を抑制するような謳い文句は
有りませんでしたが、槽洗浄/槽乾燥機能が付いているモデルであれば安心出来ますね。

AQUA

AQUAの洗濯機情報ページへ

AQUAも日立同様、特に黒カビ発生を抑制するような謳い文句は有りませんでしたが、
洗濯のたびに洗濯・脱水槽をおそうじ「自動おそうじ」という機能がありました。

部屋干しテクニックを駆使する

湿気とニオイを防ぐ部屋干しテクニック

こちらは大変参考になると思います。
部屋干しの際に我が家も使っているテクニックは

  • 洗剤の量を守ること

洗剤を入れ過ぎるとすすぎで洗剤や柔軟剤が落ち切らずに匂いを
発生する原因となるため気を付けています。

  • 洗濯が終わったらすぐに干す、カーテン・窓付近や壁沿いには干さない

雑菌の繁殖を防ぐ意識を持っています。選択が終わったらすぐに干すことで
不要な雑菌繁殖を防止します。

  • 衣類が重ならないように(通気性を考えながら干す)

晴天で弱めの風があり、外で干せるときは詰め込むときもありますが、
基本的に通気性を考えながら干すように心掛けています。

  • 長物は蛇腹干しで

バスタオルや子供が保育園で使う毛布などは蛇腹で干すようにします。
ピンチはたくさん使ってしまうことになりますが、コンパクトに干せるので
部屋干しには最適な干し方と思います。

このほか、旧宅ではドライ・エアコンと扇風機2個使いで空気を回すように
(循環させるように)していました。

最後に

如何でしたでしょうか?
洗濯槽の黒カビ対策は多くのご家庭で「課題」となっているのでは
無いでしょうか。我が家は数百円までの洗濯槽クリーナーしか
使ったことが無いのですが、ドラム式の洗濯機はどうも苦手でして、
縦型を使っていた頃よりも洗濯槽の汚れが落ちない気がします。

また、ドアのモール部分も結構カビがあるのでマメに拭き取るように
しています。

カビ菌・雑菌の繁殖を出来る限り抑えて、快適な梅雨を過ごしましょう!

スポンサーリンク

新居で役立つまとめ情報
スポンサーリンク
Smart house cool life

コメント

  1. とり より:

    こんにちは、とりです(・∀・)

    ご紹介ありがとうございます☆

    ちょうど昨日、漕洗浄を行いました~。
    200円くらいの普通の洗剤ですけどね。
    本当は月に1回くらいやった方が良いのでしょうけれど、年末に「N-W1」で漕洗浄した以来になってしまいました(;´▽`A“

    蛇腹干しというものがあるのは知りませんでした!
    確かにシーツや毛布などは干す場所を取るので、洗濯するタイミングに困っていました(^o^;

    こちらはまだ湿度が低くてカラっとしていますが、もうしばらくしたらジメジメしてきそうです。
    夏でもカラッとしている土地柄だったはずですが、近年はジメジメするんですよね・°・(ノД`)・°・

    参考にさせていただきます(^人^)

    • KMRR より:

      とりさん、コメ有難うございます^^

      槽洗浄は月一位でやったほうが良いみたいですが、なかなか難しいですよね。

      洗剤投入口も結構カビてくるので、気がついたら掃除していますが、頻度は恐らく半年に1回くらいなモノです。

      蛇腹干し!お勧めです(笑)雨さえ降らなければ天日干しが一番ですが、梅雨時期は難しいので蛇腹干しか、、、全自動洗濯機でしたら洗濯機で乾燥でも良さそうですよね。
      私は通常の洗濯でいったん終了して、タオルなどを「パンっ」と伸ばしてから再度洗濯槽に投入、乾燥スイッチオン!とやっています。出来れば乾燥途中でも一回止めて「パンっ」と伸ばしてやります。しわ防止には効果てき面です。

  2. あんぱんまん より:

    住み方は人それぞれですが、
    高気密住宅なら窓開け換気や換気扇を回しての通風ではなく、
    除湿機かエアコンで湿度を下げれば部屋干しでもカラカラに乾きますよ。
    外気をそのままいれるとカビは生えなくても相対湿度が上がってダニが発生しますよ。
    高気密高断熱住宅の住み方とは発想が違うと思うのです。
    すみません、誹謗する気はございませんが、知っていて欲しかったのです。

    • KMRR より:

      >あんぱんまんさん

      コメント&ご指摘有難うございます。高高住宅は窓を開けて換気をする考え自体が無いのですよね!
      私も新築するときに営業さんから聞いて驚きました。

      記事の内容は一条の皆さん向けに、ということではなく世間一般に向けて書いたものでした。
      一筆しておくべきだったと反省しております。

      部屋の湿度を下げて洗濯物を乾かす!我が家でも実践しております^^
      わがismartは、冬は床暖房だけでも湿度は20~30%と相当低めです。そこに洗濯物を干すと乾きが良い+部屋の湿度Upにも貢献してくれています。
      梅雨時期はドライ or 冷房 or 部屋干しモードなるもので抜群に乾きます!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。