【木工DIY】格安桧(ひのき)の板材を使ったキャンプ用品収納ボックス/木箱の自作~Ver2の製作開始

スポンサーリンク
木箱Ver2製作(天板をテーブルとして活用)

こんにちは、KMRRです。

以前2個ほどキャンプで使用する木箱を製作しました。
【木工DIY】キャンプ用品収納ボックス/木箱の自作~便利機能あり
【木工DIY】格安桧(ひのき)の板材を使ったキャンプ用品収納ボックス/木箱の自作~便利機能あり

焚き火用のテーブルを作った時、安定感が無いことに悩まされましたが、
一つの解決策として、木箱を有効活用してみてはどうか、と思ったのでした。

ということで、お試しで桧材を使った木箱Ver2を製作することとします。

フレーム製作

今回はSPFの1×2材をフレームとして使用します。

dsc_2481

これを使って四角を作ります。

dsc_2482
今回は45度接合ではなく直角で。

サイドパネルを貼る

桧材をフレームに貼っていきます。

dsc_2483
ピンぼけ写真でスミマセン。。。

底板を貼る

dsc_2484
コーススレッドを打ち込む際に、しっかり材料をクランプ(固定)できるか
どうか、がポイントになります。

写真はありませんが、L字クランプを使用して固定しました。

1か所打てればかなりしっかりしますので、あとは箱全体の幅が均一と
なるように計測しながら固定していきます。

スポンサーリンク

今後の作業のポイント

今回は、作業の様子に関するレポートはここまでです。

今回のテーマは「隙間」と「軽量化」

さて、今回の木箱ですが、お気付きの通り「隙間」を開けています。
中に入れるものが大きなものになるので、隙間があってもこぼれることが
ありません。それから、軽量化、というのもテーマとしています。

底板はほとんど隙間なしになりますが、外周のパネルは隙間を開けています。

天板の活用

今回は、上蓋をテーブル天板として使用します。
また、今のところの予定ですが、一部にステンレスを貼り、熱い鍋や
フライパンなどを直置きできるようにしたいと思います。

サイド・オープンは継続

上蓋を天板として使用しますので、サイドから開閉出来るようにします。
これは過去2回製作した木箱と同じ仕様です。

今回は以上です~。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。