【外構計画】シンボルツリーはクリスマスツリーで如何でしょう?【参考価格・種類・育て方・レンタルなどの情報あり】

スポンサーリンク
庭づくり

クリスマスツリーとは、モミの木が最も有名ですが、他にもトドマツや
エゾ松なども使われるそうです。

自宅にクリスマスツリーがある方は少ないかも知れませんが、常緑の針葉樹
でしたら大丈夫なのかもしれません。

シンボルツリーに装飾を施すというのも手ですかね~。

ちなみに、、、モミの木をシンボルツリーに、という場合は
いくらくらいするのでしょうか?ちょっと興味がありまして、調べて
みましたのでご紹介します。

モミの木っていくら位するの?


※写真をクリックして頂くと別ウインドウで商品ページを開きます。
説明:モミの木の生ツリー!【高さ:100cm】届いて・植えて・すぐ綺麗!購入はお早めに!鉢植えではないです。
ショップ:ゲキハナ 感激安心のお花屋さん
価格:8,619円 (税込) 送料無料



※写真をクリックして頂くと別ウインドウで商品ページを開きます。
説明:もみの木(ウラジロモミ)樹高1.0m前後(根鉢含まず)
ショップ:相馬グリーン
価格:4,500円 (税込) 送料別



※写真をクリックして頂くと別ウインドウで商品ページを開きます。
説明:(観葉)もみの木(ウラジロモミノキ) 長野産(1本)(樹高0.8~1m前後)(説明書付き)送料無料
ショップ:charm 楽天市場店
価格:5,980円 (税込) 送料無料

1m前後の樹高であれば、5,000円から10,000円前後で購入できそうです。
地植えが出来ない方の場合は鉢植えでも立派なクリスマスツリーを
楽しめそうです。

クリスマスツリーは何の木なの?

クリスマスツリーに使用される木は、ご存じモミの木が一般的ですよね。
モミの木はマツ科モミ属の常緑針葉樹で、大きいものだと樹高40mにもなるそうです。
円柱~円錐型になることから、クリスマスツリーのあのフォルムにぴったり
という訳です。

モミの木って、たくさん種類があるのをご存じでしたか??
私は全く知りませんでした(笑)

上でご紹介した通り、ウラジロモミノキ、ドイツトウヒなどが流通しているようです。
その理由は、寒さに強い常緑針葉樹であること、手入れが比較的楽なこと、が
あるそうです。
暑さにも強い方ですが、夏場の直射日光はさすがに厳しいとのこと。
西日が全開で当たり続けるような場所は避けた方が無難です。

地域にも因りますが、家の東側がお庭の方なんかは地植えでも良さそうですね。
(たいていの方は南側ですかね、、、)
玄関近くのシンボルツリーにしても良いでしょうか。
玄関でしたら東側のお宅もありますし!
中庭という手もありますねぇ^^

どうしても場所がない方は鉢植えでも十分管理できますのでご検討下さい!

スポンサーリンク

地植えの方の場合は外構計画に電源を!

クリスマスにイルミネーションを楽しむ!という方は、外構計画時に
予め屋外電源を用意しておきましょう!

これは間取り計画時に追加しておかないとダメなので要注意です。

屋外電源は駐車場、庭など、複数個所で使えるようにしておくと万全ですね。

育てるのはちょっと・・・という方はレンタルもあり!

場所がない、手入れが面倒、、、という方はクリスマス期間だけ
クリスマスツリー、モミの木をレンタルすることも出来ますよ~。

qouyj1g0oehlu2pwbp4l
http://www.geocities.jp/hasplanning/index26.html

logo
http://www.evergreen-jp.net/xmas/

料金、レンタル方法などは興味のある方は直接お店にお問い合わせ
ください~。

関連記事情報

一条工務店の庭、シンボルツリー、芝など関連記事はこちら

シンボルツリー関連記事はこちら

クリスマスツリー関連記事はこちら

クリスマスとインテリア情報関連記事はこちら

スポンサーリンク

庭づくり
スポンサーリンク
Smart house cool life

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。