【ガレージ内装DIY-Part23】天井収納仕上げ編へ始動!骨組みの補強【イナバ物置・自作】

スポンサーリンク
ガレージ

こんにちは、KMRRです。

天井収納の骨組みを完成させ、若干燃え尽き症候群でしたが、、、
ダウンライトも買ったことですし、そろそろガレージ内装カスタム完成へ向け
動き出そうかと。

本題の前に・・・今後のガレージカスタムの課題整理

今後の課題は、

  • 天井収納の仕上げ(天井材、壁材の貼り付けと配線など)
  • その他壁面の仕上げ
  • 壁面収納製作
  • 木工作業台の導入

等です。

天井収納の骨組み、現在の状況

着手しようとしているのは、上記の中で天井収納の仕上げです。
これに向けた第一歩として、骨組みの補強を行います。

骨組みの上は天板、下には天井材を張り付けて仕上げますが、


この部分の長手方向が約1,660mmありまして、4辺で留めても良いのですが
念のため補強をしておこうか、と思ったわけです。


散乱していて恥ずかしいのですが(〃ノωノ)もう少し引きで撮った写真です。

使用する金具


こんな金具を買ってきました。


こういうので良かったのですが、生憎最寄りのhomeセンターには売って
いなかったのです。。。


こんな感じで、補強材を渡したい箇所に取り付けます。

補強用2×4材の穴あけ加工

配線を通すための穴を開けておきます。


このブログではおなじみ、22φのフォスナービットです。


綺麗な穴を開けることが出来ます。座ぐり穴にも貫通穴にも使用可能。


綺麗にあきました。

スポンサーリンク

取り付け


仮置きして問題なかったので、コーススレッドで留めて完成です。
金具を使うとやっぱり格段に作業が楽ちんです。
外から見えないところは全部金具を使っても良かったですね。。


収納用天板(この骨組みの上に乗せる板)は既に買ってありまして


試しに設置してみたりして(笑)
良い感じです。強度も文句なし。


裏から見ると、、、


ありゃ??結構板がはみ出している。。。

そう、これは承知の上なんです。

骨組みが相当歪んでいるので、誤差が半端ない(笑)
実用上問題ないのでこれでいく予定です。気が向いたら天板を
カットして微調整しても良いんですけど。。。
今は先を急がねば~ということでやりません!!

配線などの兼ね合いから、作業効率を優先させると、先に天井(骨組みの下側)を
完成させてから天板を載せた方が良いので、暫くは仮置きしておきます。

今日はこの辺りで。

次回更新予定内容

次回は天井(骨組みの下側)の作業に入りたいのですが、、、ダウンライト用の
穴開けが上手くいかなくて、少しスタックしそうです。。。


自在錐という穴開け用の工具を買ってあるのですが、

スターエムの自在錐

0:34くらい~

こんな感じで、スパッと穴が開くイメージだったのですが、、、

試しに穴を開けようとしたところ、、、トルク不足なのか、自在錐が
動かなくなってしまうんですよね。。。

何とかしなくては~~~^^;

ガレージカスタム関連記事

スポンサーリンク

ガレージ
スポンサーリンク
Smart house cool life

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。